路傍の感想文

創作物の感想

このOPムービー・PVがすごい!(BLゲーム編)

BLゲームを購入するとき、何が決め手になるのか。

あらすじ、キャラクター、ブランド、シナリオライター、原画、声優。

アクション系なのか、シリアスな作風なのか、コメディなのか。

 

人によって萌えツボが異なれば、求めているゲームも当然変わる。

BLゲームを購入したいが、自分の好みに合うか分からない……。

そんな迷えるユーザーのために、購入の指針となるのがOPムービーとPVである。ゲームの情報を端的にまとめたOPムービーとPVを見れば、主人公や攻略対象、作品の雰囲気をある程度掴むことができる。

 

 

躍動感があるOPムービー。

幻想的なOPムービー。

これまで様々なBLゲームが誕生する中で、数多くの魅力的なOPムービーも作られてきた。中にはゲーム本編よりも有名なムービーも存在する。

 

ここでは、備忘録がてら個人的に好きなBLゲームOPムービーとPVをご紹介したい。

※公式が投稿した動画のみリンクしています。

※未プレイ作品も含みます。

※個人の解釈を含みます。

 

 

 

【紙芝居型ムービー】

静止画の素材(スチルと立ち絵)を活用して動きを作るOP。

タイトル→主人公の立ち絵&名前&担当声優の名前→攻略対象の立ち絵&名前&担当声優の名前→スチル、の流れが定番。

 

・『鬼畜眼鏡』(Spray)2007年

ムービー制作は神月社。主題歌「under the darkness」を歌うのはC.G mix

言わずと知れた有名OPムービー。数多くのパロディMADが制作された。

立ち絵のシルエットに「無能な人間はこのプロジェクトに必要ない」「全部俺に任せとけって!」の台詞を被らせる演出、裸眼の主人公と眼鏡をかけた主人公の対比、スポットライトを浴びる眼鏡、など見所多数。

さらに、本ムービーの特徴は、立ち絵やスチルのようなキャラクターがメインの画像のみならず、背景画像も豊富に使用している点。なかでも夜のビル街の画像が多く、サラリーマンものBLらしいセレクトである。

 

・『スクエアな関係~ぼくらの恋愛心理学3~』(アイン)2007年

メインキャラクターのひとりを演じる青島刃さんが主題歌「予感の予感」を歌い上げる。サビの「恋の予感の予感を信じるかい?」が耳に残る。「星占いはもう信じない」と歌った直後、流れ星が煌めく場面が印象的だ。

12種類の組み合わせが楽しめる作品だが、OPムービーで紹介されるのは一部のカップリングのみである。

 

・『メイド★はじめました~ご主人様のお世話いたします~』(VividColor)2007年

ムービー制作はKIZAWA studio。主題歌「Evolve」を歌うのはAciD FLavoR。

五組のカップリングを分かりやすく教えてくれるムービー。地雷がある人でも安心安全。

SDキャラを豊富に登場させ、明るく盛り上げる。

 

・『花陰~堕ちた蜜華~』(VividColor)2009年


花陰−堕ちた蜜華−デモムービー

ムービー制作はKIZAWA studio。主題歌「フェイト」を歌うのはフロムナウ。

随所に映る彼岸花のモチーフと情感溢れるメロディラインが織り成す耽美系OPムービー。遊郭でお職と客が対面するときのように、襖を開閉させてキャラクターを紹介する。

夕焼けの空に攻略対象たちの顔が次々に浮かぶ場面があるが、よく見ると1人足りない。顔が浮かばなかった「彼」は、主人公と因縁を持つキャラクター。夕焼けの中で思い浮かべることすら許されない点に、「彼」の複雑な立ち位置がよく表れている。

 

・『STEAL!』(Spray)2009年

ムービー制作は神月社。主題歌「TRUE EYES」を歌うのはC.G mix

鬼畜眼鏡』を生み出したSprayより発売された怪盗養成学園BLゲーム。疾走感のあるムービーで、8人の攻略対象の紹介もテンポよく進む。立ち絵、アルファベット表記の名前、CODENAME、立ち絵のシルエット。情報量が多いが、不思議とごちゃごちゃした印象を受けない。

有刺鉄線のモチーフからは緊迫感が感じられる。

 

・『神学校-Noli me tangere-』(PIL/SLASH)2011年


『神学校 -Noli me tangere-』オープニングムービー

「必ず死刑に処せられる」

聖書の一節から始まるOPムービー。

「僕らは許されない。最後の日にはきっと地獄に堕ちる」扉を閉めて、場面が切り替わると、現れるのは光溢れるステンドグラスの教会。賛美歌風の歌声を背景に、祈りを捧げる神学校生たち。清純な彼らに忍び寄る不穏な影。血飛沫と「いまだかつてない悪夢が、始まる―」のフレーズの後に、再び教会が映って、神による赦しが描かれる。「信仰と罪」のテーマに沿った完成度の高いムービーである。

 

・『オメルタ~沈黙の掟~』(花梨シャノアールオメガ)2011年


オメルタ ~沈黙の掟~

主人公役の城ケ崎仁さんによる歌声が聴く者の耳を捉えて離さないOPムービー。

キャラクターの性格を端的に表す台詞から始まって、名前・役職・二つ名・担当声優・キャッチコピーの畳み掛けにより、否応なく登場人物の情報が頭に叩き込まれる。「鮮血の針(アイスピック)」「虐殺の帝王(キングジェノサイド)」など、視聴者のために振り仮名をつけることも忘れない。

マフィアをテーマにした作品らしく「歓楽街」「血の掟」「殺し屋」「粛正」「裏切り」「復讐」といった物騒な言葉が乱舞する場面に、あえて「草鞋」という単語を入れるのが花梨のセンスである。

 

・『大正メビウスライン』(LoveDelivery)2012年


mebiusline op

ムービー制作は松根マサト(アリスフロムジャパン)。主題歌「咎の雫」を歌うのは六弦アリス。

地球全体を映した上で日本をクローズアップし、「極東の島国」のイメージを想起させる。

「日本(ニッポン)が軍事国家(グンジコッカ)として世界(セカイ)と争(アラソ)わねばならない熾烈(シレツ)な時代(ジダイ)」

あえてカタカナの振り仮名を用いることで、大正レトロの雰囲気を醸し出すと共に、緊張感も与えている。

映写機のフィルム回しを模したスチル紹介では「映画」的演出が意識されている。

 

・『神様(仮)路地裏繚乱編』(easy-peasy)2013年


神様(仮)路地裏繚乱編【オープニングムービー】

主題歌「GOD BLAZE YOU」。歌うのは浜口祐夢。

同一の立ち絵とスチルを繰り返し使用するOPムービー。わずか1分53秒の間に、サングラスをかけた賀茂さんのスチルが三回も登場。

素材が少ないという課題を前に、スチルの差分違いを活かして、魅力的なムービーに仕上げたのは見事。本編は名作です。

 

・『きんとうか』(GRISEDGE)2017年


【Win用BLPCゲーム きんとうか】OPムービー 【2017年3月17日発売】

夏の島を舞台にした作品。太陽光をイメージした光の演出が爽やかな印象を与える。主題歌を担当するのはいいくぼさおり

スチルをスナップ写真に見立てることで、主人公のカメラマンという職業を特徴づけると共に、攻略対象×主人公のストーリーを「ひと夏の思い出」に仕立て、ノスタルジーに訴える。作品内の季節に合わせたOPムービーである。

 

・『GALTIA V Edition』(GRISEDGE、dramatic create)2018年


PSVita版 GALTIA V Edition(ガルティア ヴイ エディション) オープニングムービー

18禁ゲーム『GALTIA』のPSVita移植版。18禁版から主題歌と構成をがらりと変えた新規ムービー。主題歌「King Forever」を演奏するのはCRYED。

剣を構えたスチルや緊迫した状況のスチルが挿入され、バトルアクションを期待させる内容に仕上がっている。

 

・『贄の町』(√ZOMBILiCA)2018年


『贄の町』デモムービー

ムービー制作はB.J(Mju:z)。主題歌「オアシス」を歌うのは黒丸。

登場人物の顔面で模様がぐるぐる回る。生理的な嫌悪感を引き出しかねないが、「ホラー/エロ/昭和/グロ/ナンセンス」を掲げたブランドの作風には合致している。

主人公、攻略対象、サブキャラクターの紹介は丁寧で、キャラクターの個性が一目瞭然である。

 

 

【動画型ムービー】

アニメーションやCGを取り入れたOPムービー。その技術力(と資金力)に圧倒されること間違いなし。

 

・『DRAMAtical Murder』(Nitro+CHiRAL)2012年


『DRAMAtical Murder』 OP

物語の舞台を縦横無尽に歩く主人公と犬。犬が小刻みに足を動かすところにこだわりが感じられる。

光を追いかけて螺旋状の階段を登ると、タワーが聳え立ち、水泡が弾ける。光は「彼」、水泡は「あの記憶」。過去を辿って真実に辿り着く過程を表現している。

 

・『DRAMAtical Murder re:connect』(Nitro+CHiRAL)2013年


『DRAMAtical Murder re:connect』OP

ついに街を作ったNitro+CHiRAL

 

・『ラッキードッグ1』(Tennenouji、プロトタイプ)2018年


PS Vita用ソフト「ラッキードッグ1」オープニングムービー

同名の同人ゲームのPSVita移植版。マフィアの脱獄と抗争を描く作品。

OPムービーでは、主人公と攻略対象の立ち絵がアニメーションに変化する。

スチルを新聞記事、ゲームジャケットを指名手配に見立て、ムービー終盤で主人公が指名手配を剥がす。ゲーム本編の展開を予想させる行動である。

 

・『Lkyt.』(parade.) 2020年


『Lkyt.』オープニングムービー

上原一之龍作曲の主題歌「Lkyt.」。歌うのはMAMI。

眼下に広がる荒廃した大地。場面が切り替わると、主人公と攻略対象が黒い粒子に分解される。重厚な歌を背景に、「滅びの始まり」の幕開けが描かれる。

 

 

【歌に注目】

・『神無ノ鳥』(すたじおみりす team L←→R)2002年


ふたりの場所 - 15th Anniversary - preview

泣きゲー」「鬱ゲー」と評される作品。片霧烈火が歌う主題歌「ふたりの場所」は幻想的で切ないメロディラインと本編シナリオを追懐させる歌詞で知られる。いつまでも色褪せない名曲である。

「いつかこの長い長い時を超えて誰も知らないふたりの場所を見つけよう」

 

・『PLEASURE☆』(BARON)2004年


【裸バスケ】Pleasure☆ BLG主題歌

「裸バスケ」の愛称でお馴染み。主題歌 「Soldier's dream」を歌うのは佐々木太一、篠原響役の比留間れんさん。BLゲーム界伝説の歌声である。コメント欄のOPムービー誕生秘話は必見。

 

・『俺の下でAGAKE』(D3 PUBLISHER INC.)2007年

18禁ゲーム俺の下であがけ』のPS2移植版。主題歌「俺の下であがけ」を歌うのは主人公役の緑川光さん。

緑川さんの高い歌唱力と秀逸な歌詞が有名。

「狙い定め落とし俺の腕へ抱く」

「熱いその体組み敷くまでどこまでも追い込んでく」

 

・『裸執事』(マーダー工房)2011年


『裸執事』オープニング(★あり健全Ver)

作品コンセプトを明確に打ち出した主題歌。製作者の倒神神倒先生が主題歌を歌いながら踊る動画も投稿された。

動画サイトに投稿する際に「★あり健全Ver」にした上で年齢制限を設けたり、踊ってみた動画のタイトルに「閲覧自己責任」と注意書きをしたりと、配慮が行き届いている点も高評価。

 

・『オメガヴァンパイア』(花梨シャノアールオメガ)2016年


オメガヴァンパイア オープニングムービー

ムービーは花梨ゲー定番の構成。ポイントは主人公役の佐和真中さんが歌う主題歌「衝動ケロイド・ヒロイック」。作詞は花梨専属シナリオライター・菜摘かんな氏。耳で聴いている分には普通の歌だが、歌詞カードを読むと衝撃を受ける。人前で歌うときは気を付けましょう。

 

 

【PV】

ゲームの冒頭を飾るOPムービーとは異なり、店舗や動画サイトにおける公開を前提とした動画。プロモーションの一環として製作され、キャラクターの音声や詳細な粗筋のテロップが入れられる。

 

・『死神修行はじめました。』(MONOCEROS)2005年

パワーポイントで作ったのか?と思わず目を疑うデモムービー。

2005年という点を差し引いても、「オーマイガー」「シクシクシク」「全米が泣いた」は独特の言語センスである。「大晦日の前日」に「インストア」する販売戦略もすごい。

 

・『臨海合宿』(β-pink)2007年

N.Iが歌う主題歌「ピーカン☆Midsummer」に乗せて登場するのは、サングラス男のドヤ顔。キススチル五連発(主人公×眼鏡少年がセンター)。何故そこをクローズアップしたのか。

 

・『オメルタ~沈黙の掟~』(花梨シャノアールオメガ)2011年


オメルタ ~沈黙の掟~ OPMOVIE 橘陽司Ver

OPムービーにキャラクターのナレーションを被せた動画。主人公と攻略対象の計8種類が製作されている。

ナレーションではキャラクターが心情を吐露。各人の性格や立ち位置が分かる内容となっている。

キャッチコピー「お前を、殺したいほど 愛し、憎んだ」もキャラクターの性格に合わせて文章が改変されている。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

好きなBLゲームOPがあった方、もっと良いOPムービーがあるぞ!と思った方、色々ご意見はあると思いますが、少しでもBLゲームの魅力が伝えられたならば幸いです。