路傍の感想文

創作物の感想

体験版感想

2020年・2021年発売予定ゲーム体験版プレイ感想

 

・『痴者の夢』(succulent)

2020年12月30日発売予定。18禁同人ゲーム。

高村のどかは恵まれない家庭環境で育った女子学生。ある雨の日、のどかは地元でも有名な豪邸に一人で暮らしている男・一条正宗と出会う。無職の正宗は、交通事故で死亡した両親の遺産を相続し、のんびり暮らしていた。のどかは正宗と親しく会話を交わすようになる。

夏休み。のどかは正宗の家に押しかけるが……。

 

機能不全家族で育ち、学校にも居場所がない少女高村のどか(演:星鹿りえ)。

ネット依存の無職男一条正宗(演:青島刃)。

埋められない寂しさを抱えた二人が、ひとつ屋根の下で暮らす物語。

 

久々の青島刃さんの出演作ということでプレイした。

青島さん演じる正宗は、尊大な口調で屁理屈を捏ね回す男。現状を直視したくないが故に他者を見下し、自己を正当化する。

自称小説家で脳内では傑作が完成していると言い張るが、実際に執筆することはできない。何者かになりたいという願望を持ちながら、現実では何者でもない男だ。

はたして正宗は状況を打破できるのか。のどかとの出会いで正宗は変化するのか。あるいは、のどかと共に堕ちていくのか。目が離せない。

 

 

・『スロウ・ダメージ』(Nitro+CHiRAL

f:id:bodensee:20201122080042j:plain

2021年2月25日発売予定。18禁BLゲーム。

近未来の日本。日本の一大カジノ・リゾートとして開発された特別行政区「新神海」に暮らす青年トワは、人の心の奥底に押し込められた爆発寸前の欲望をモチーフにして油彩画を制作していた。

ある日、「新神海」で吸血鬼事件が起きる。医者タク、タクの病院の手伝いをしている青年レイと共に、トワは吸血鬼事件を追うことになるが……。

 

 Nitro+CHiRAL四作目となる本作。

ストーリー・キャラクター設定・都市の設定・背景スチル等、随所に旧作を彷彿とさせる要素があり、Nitro+CHiRALの作風が存分に味わえる作品に仕上がっている。

 

体験版範囲で描かれるストーリーと街の風景は、前作『DRAMAtical Murder』共通ルートに酷似している。

DRAMAtical Murder』では、総合リゾート地「プラチナ・ジェイル」を有する東江財閥が事件に関与していた。本作『スロウ・ダメージ』では、カジノの民間運営業者・鷹郷組がカジノ・リゾート「新神海」を支配している。東江財閥のように、鷹郷組も吸血鬼事件に関わっているのだろう。

主人公・トワ(演:柊三太)の能力は、『DRAMAtical Murder』の主人公・蒼葉の能力「暴露」に似ている。蒼葉と同様に、トワもその能力を使って攻略対象の過去と心を暴くと思われる。

 

Nitro+CHiRAL恒例ストリートファイトは今作でも健在。

咎狗の血』の「Bl@ster」、『DRAMAtical Murder』の「リブスティーズ」に続いて、本作においても、若者たちがストリートファイトを行っている。今作のファイト枠はオネエ青年レイ。

 

 

旧作と差別化されている点は、目と口が動く立ち絵と難易度の高さ。

 

瞬きする目と台詞に合わせて開閉する口、いわゆる目パチ口パク。乙女ゲームでは時々見かけるが、BLゲームでは珍しい。

新しい演出だが、目パチ口パクのために立ち絵の美しさが損なわれている。乙女ゲームの目パチ口パク立ち絵が嫌いな自分としては、オフ機能が欲しいところだ。

 

攻略の難易度を挙げているのは、Nitro+CHiRAL初のシステムとなる「探索パート」「心理パート」。

「探索パート」では、10箇所を移動(体験版範囲)し、その場にいるキャラクターと会話をする。

攻略対象と出会えるのは、〈むらせクリニック〉と〈羽子板通り(D地区)〉。その他の場所には、モブキャラクターがいたり、誰もいなかったりする。

キャラクターとの会話では、〈NEGATIVE〉と〈POSITIVE〉の選択肢からトワの言動を選ぶ。〈NEGATIVE〉を選ぶと、トワはキャラクターに否定的な反応を返す。〈POSITIVE〉を選ぶと、トワは肯定的な反応をする。また、適切な選択肢を選ぶと〈インスピレーション〉を手に入れることができる。

 

「心理パート」では、相手との会話を行い、目的を達成することでストーリーが進行する。

体験版では、相手の〈幸福(EUPHORIA)〉を満たすことが目的となる。〈幸福(EUPHORIA)〉を満たした状態で、〈狂気(MADHOUSE)〉が一定以上まで上がると、ストーリーが分岐する。

相手の〈幸福(EUPHORIA)〉と〈狂気(MADHOUSE)〉を増減する方法は、〈NEGATIVE〉と〈POSITIVE〉の選択肢から適切な答えを見つけることと、「探索パート」の会話で手に入れた〈インスピレーション〉の中から適切な台詞を使用すること。

 

簡単にまとめると、

「ストーリーパート」でメインストーリーを読む

「探索パート」で攻略対象がいる場所を探す

選択肢で攻略対象の好感度を上げる

「探索パート」でモブや他の攻略対象を探す

選択肢で〈インスピレーション〉を手に入れる

「心理パート」で正しい選択肢を選び、適切な〈インスピレーション〉を用いて、目的を達成する

 

上記の流れでプレイする必要がある。

従来のBLゲームのシステムに慣れている身からすると、大変面倒かつ難しいシステムだ。「探索パート」と「心理パート」をスキップして、「ストーリーパート」だけ読み進められる仕様であることを願いたい。

 

また、「探索パート」「心理パート」に入ると、自動テキスト送りが解除され、パートボイスになる。

このパートボイスが問題で、「ああ」や「ふん」など相槌だけにボイスを入れられると、集中力が削がれる。フルボイスにするか音声皆無にするか白黒つけてほしい。

 

カットインの演出含めて、まるでソシャゲのような作りである「探索パート」「心理パート」。このシステムを楽しめるか否かが、本作の鍵だろう。