路傍の感想文

創作物の感想

2019年下半期にプレイしたゲーム

 

2019年下半期にプレイしたゲームの感想

 

乙女ゲーム

・『絶対迷宮グリム~七つの鍵と楽園の乙女~』

・『樟屋敷の物語~秘密のお帳面~』

BLゲーム】

・『絶対服従命令』

 


乙女ゲーム
・『絶対迷宮グリム~七つの鍵と楽園の乙女~』(花梨エンターテイメント)

 

絶対迷宮グリム 七つの鍵と楽園の乙女 <ディレクターズカット版> 初回豪華版

絶対迷宮グリム 七つの鍵と楽園の乙女 <ディレクターズカット版> 初回豪華版

  • 出版社/メーカー: 花梨エンターテイメント
  • 発売日: 2011/07/22
  • メディア: DVD-ROM
 


花梨エンターテイメントは『グリム童話』を徹底的に読み込んで、咀嚼し、この作品を作り上げたのではないか。圧倒的な知識量に裏打ちされたシナリオは周回すればするほど新たな発見があった。

自分なりの解釈をすると、本作は妹と兄にまつわる伝統的な童話の形式を継承し、「傍観者こそが主役だった」ことを描いた物語だったのではないかと思う。


ヘンリエッタたちが出会うキャラクターたちは『グリム童話』の作中人物の名前を冠しており、各童話を踏まえた設定づけがなされている。一方、ヘンリエッタと兄弟は拠り所たる童話を持ち得ない。彼らは童話の作中人物ではなく、童話を傍観する側であるからだ。ヘンリエッタやグリム兄弟は『グリム童話』を執筆する側、言うなれば『グリム童話』の外の世界の住人だ。


ところが、真相ルートまでプレイすると、本作は「姿を変えられた兄たちを助ける為に妹が困難な旅に出る」という童話の変異型であったことが明らかになる。ヘンリエッタは「兄を救う妹」であり、兄弟は「助けられた兄たち」である。童話の枠組みの外にいたヘンリエッタと兄弟は、はじめから童話の作中人物であったのだ。

 

知らず知らずのうちに童話の世界に組み込まれていた彼らには、童話の登場人物として生きる意味と果たすべき役割を与えられていた。誰かひとりが欠けても物語は成立しない。妹のヘンリエッタヘンリエッタの旅を手助けする協力者、困難を与える者、救われる兄たち。誰もが己の役割を果たすことで、妹と兄の童話は完成する。


それは他の童話も同様だ。『ラプンツェル』の物語には、ラプンツェルラプンツェルを塔に幽閉する魔女、ラプンツェルに外の世界を教える者が必要だった。『かえるの王さま』には王子と家来のハインリヒ。『灰かぶり』にはシンデレラと王子。キャラクターたちは、与えられた役割を演じ、各々の童話を作り上げる。


与えられた役割は一つではない。赤ずきんのように赤ずきんと狼と猟師の役割を同時に担う者もいる。また、あるときは、主役だった人物が別の童話において脇役を演じる場合もある。ヘンリエッタの童話で協力者を演じることになる各童話の主役たち、ラプンツェル、蛙の王子、いばら姫、赤ずきんが良い例だろう。

 

主役と脇役は反転する。誰かの童話の脇役だった人物は、別の童話では主役になる。各童話の傍観者だったヘンリエッタが実際は童話の作中人物であったように。脇役を担いながら、主役を演じている。無数に紡がれる童話の中で、彼ら彼女らは王子になり姫になり冒険者になり敵となるのだ。

 

もしも今いる童話に己の役割や存在意義がないと思えても、別の童話に果たすべき役割はあるのかもしれない。傍観者から主役へと姿を変えたヘンリエッタの冒険はそれを教えてくれる。
どこかに自分を必要としてくれる童話がきっとある。

 


・『樟屋敷の物語~秘密のお帳面~』(PIL-VAMP)

f:id:bodensee:20200328104540j:plain

性にまつわる情報から一切遮断した環境で育てられたお嬢様・万里小路かやの。ある日、書くと願いが叶うという不思議な帳面を手に入れる。かやのは帳面を使って、男性たちに接近するのだが……。

2017年4月28日発売。18禁乙女ゲーム

攻略対象は、童貞の婚約者・五海棠祥之輔(演:佐和真中)、かやのへ言葉をかけることも許されていなかった使用人・樟近開(演:秋山樹)、目的のために策を練る家庭教師・敷禰眞人(演:切木Lee)の三名。

共通ルートはコメディタッチ。しかし、個別ルートに入ると、打って変わってシリアスになる。
家を捨てて男性と生きるのか。男性を助けるために家を選ぶのか。かやのは、生まれ育った家と男性との間で揺れ動く。家はかやのを温かく包み込んできた繭だ。その優しく温かい繭から出て、己の力で飛び立つことが大人になることなのである。

千年に渡る因縁を背景に、子ども時代に別れを告げて、大人へと一歩踏み出す少女の成長物語が描かれる。

 

 

 

 

BLゲーム】
・『絶対服従命令』(郎猫儿)

f:id:bodensee:20200328104732j:plain

 

戦後のドイツ。軍人のルイーズ・ハルトヴィックとキア・ウェルベーナは、男を堕とす裏稼業を営んでいた。様々な思惑を持つ依頼人たちから依頼を受けて、標的となるターゲッドを堕としていく。

2005年4月22日発売。18禁BLゲーム。


数多の男たちと寝て、近くの人の尊さに気付く。そんな話。
フルコンプリートすると、ターゲットを堕とす個別ルートは、ルイーズ&キアのハッピーエンドへ向かうための共通ルートへと様相を変える。

気が置けない友達で仕事の相棒で理解者なんてそう簡単に見つかるものではない。大人たちの掌の上で転がされたが、結果的には出会えてよかったカップルである。